賃貸物件の探し方というのは

賃貸物件の探し方というのは
賃貸物件の探し方というのは

賃貸の下見で確認したい日当たりと部屋の向き

賃貸の下見をする時はただなんとなく行って部屋の様子を眺めるというだけでは不十分です。住み始めてから不都合なことがたくさん出てくることがないように色んな所をチェックする必要があります。空き部屋というのは照明器具が付いていなかったり、電気が止められていることもあります。夜になると真っ暗で照明がないと部屋の様子がよくわからないかもしれません。ですから日の高い日中のうちに行くようにしましょう。この時、部屋の様子を見るだけでなく、必ず日当たりの良さを確認するようにしましょう。部屋の向きや窓の位置、どの方角から太陽の光が入ってくるかということも確認しておきます。

日当たりのいい部屋といえばやはり南向きをイメージします。逆に北向きだと全く太陽は見えませんので、直接日光が部屋に入ってくることはありません。でも南向きでないからといって日当たりが悪いかというとそうでもありません。確かに南向きの部屋なら一日中まんべんなく日が当たりますが、東向きや西向きでもちゃんと部屋に日が差し込んできます。ただ、東向きだと午前の日当たりがよく、西向きなら夕方明るいという特徴があります。このような特徴も踏まえながら確認するようにしましょう。

関連サイト



Copyright(c) 2017 賃貸物件の探し方というのは All Rights Reserved.