賃貸物件の探し方というのは

賃貸物件の探し方というのは
賃貸物件の探し方というのは

賃貸物件を探す際によく見かける用語

賃貸物件を探しているときに良く見かける用語があります。まずは敷金ですが、これは家賃の支払いが滞ったり、部屋の汚損や破損の修理に充てられるお金のことです。一般的に2か月分を納めるのが相場です。敷引きとは退去の際に敷金から差し引かれる金額で、礼金としての意味合いもあります。相場としては約1か月分です。連帯保証人は、マンションやアパートの契約にはつきもので、もし万が一家賃の滞納をした場合などは連帯保証人が支払いをしなければいけません。原則としては身内の人で保証人を立てる必要がありますが、最近では保証人代行をしてくれる会社もあります。最初に手数料を払い、契約によって何年か毎にまた手数料を支払うというのが一般的です。物件によって保証人を代行会社で立てるのはNGの場合もあるのです。

家賃は前払いが基本で、毎月月末までに翌月分の家賃を支払います。共益費とは集合住宅の老化や階段の電気代、浄化槽の清掃代、エレベーターが有る場合にはその電気代や照明代などに使用されるものです。原状回復とは借りていた物件を契約前の状態に戻して返すということです。ただ経年劣化や自然消滅と言ったことに関してはこの範疇ではありません。細かい内容は契約ごとに違いがあります。


Copyright(c) 2017 賃貸物件の探し方というのは All Rights Reserved.